2000年の設立以来、医療に関わるシステムを中心に開発を行ってまいりました。
医療画像の遠隔外部保存サービス(Data Service Provider®)や簡単にインストールできるPACS「SonicDICOM」など、独自性の高いサービスをいち早く提供し、ユーザー様から高い評価をいただいております。

また、近年はツリー型のタスク管理サービスTASKMAN®(タスクマン)やスマートフォン用アプリなど、
医療以外の分野の開発にも積極的に取り組んでおります。

  • 2000.07 有限会社ジウン福岡を設立
  • 2003.03 医療用内視鏡ファイリングシステムを開発し、販売を開始
  • 2004.04 DICOMサーバー&DICOMビューア(イージータイプ)を開発し、販売を開始
  • 2005.10 医療用データの遠隔保存サービスを企画し、開発を開始
  • 2007.09 .NET用コンポーネント「Layer Imaging SDK」を開発し、販売を開始
  • 2008.06 医療用データの遠隔保存サービスの提供を開始
  • 2008.12 大規模施設向けのDICOMサーバーを開発し、販売を開始
  • 2009.03 プライバシーマークを取得
  • 2009.09 DICOMサーバー&DICOMビューア(スタンダードタイプ)を開発し、販売を開始
  • 2009.12 中規模施設向けのDICOMサーバーを開発し、販売を開始
  • 2010.03 資本金を1000万円に増資し、株式会社に改組、社名を「株式会社ジウン」に変更
  • 2010.06 遠隔保存サービスを拡張し、地域連携サービスの提供を開始
  • 2011.06 DICOMサーバー&DICOMビューア(ライトタイプ)を開発し、販売を開始
  • 2012.04 「TASKMAN®(タスクマン)」のベータ版を開発し、サービスの提供を開始
  • 2012.06 複合機連携タグ付け文書管理システムを企画し、開発を開始
  • 2012.08 「TASKMAN®(タスクマン)」の登録商標を取得
  • 2013.03 「TASKMAN®(タスクマン)」の正式版の提供を開始
  • 2013.07 「TASKMAN®(タスクマン)」のAndroidアプリの提供を開始
  • 2013.11 ウェブベースのDICOM PACS「SonicDICOM」を開発し、海外向けに販売を開始
  • 2014.10 保険代理店向けペーパーレスシステムを開発し、販売を開始
  • 2016.02 ウェブベースのDICOM PACS「SonicDICOM2」を開発し、海外向けに販売を開始
  • 2016.03 ウェブベースのDICOMビューア「SonicDICOM Media Viewer」を開発し、無償提供を開始